逆襲のタヌ神

逆襲のタヌ神

知識完全ゼロからビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨に手を出し色々なものを失いながら世の中に逆襲していくクソブログ

【2017下期版】暗号通貨詐欺の傾向と対策

暗号通貨が盛り上がっている。

 

2017/9月現在、中国の取引所が色々規制を発表したことで価格が乱高下しているが、振り返ってみれば2016年から2017年春頃まではいつ参入しても誰でも余裕で稼げた状況だ。(特にガチホ勢)

2016年末からのビットコインの暴騰、それに伴いオルトコインも爆発して更に暴騰。

トークンのICOがあればBTCやETHを握りしめて徹夜で参加し、そのトークンが上場すればすぐに売り払う事で更に稼げた。

 

2017年春の法施行、それに伴うGW以降の暗号通貨民の爆発的増加、(個人的にはコインチェックのアフィパワーが爆発的に国内新規参入者を増やしたのではないかと思っているがw)ジャパンマネーが世界を引っ張り、国内のBTCは品薄になり、アビトラ勢がせっせと輸入作業を行い、気がついたら一時1BTCが50万円を超えた。

 

結果、界隈では億り人と呼ばれる総資産が億を超えた成金がドヤ顔をし、

ビットコインって何?状態で参入した人々がラッキーパンチで資産倍増に成功し、

報酬目当ての大物小物アフィリエイターによる内容の薄い体験記や動画がネットに溢れ、

第二のBTC、第二のETH、第二のXRP、第二のNEMを求めてシットコインの溢れる取引所に人々は群がっていった。

 

ここまではどうでも良い。 

 

どちらかと言えばビットコインなどは政治的な問題が表面化したり強行派が分裂したり、Txの糞詰まり、手数料の高騰など悪い材料も多かった。

 

それでも最近まで相場はずっと上を向いていた。

 

 

個人的にはビットコインやオルトコインは全然バブルだとは思わない。

世界中のお金が少しずつ暗号通貨に入ってきているだけだと考えている。

 

しかしICOで売り出されたトークンに関してはバブルだと思う。

以前このようなアンケートをさせてもらった。

 

 

 どこまで参考になるかはわからないが、

「内容はよくわからんがとりあえず高く売れればOK」

(勿論ワシも意味わからんICOに参加して即売り入れる事が多々ある)

 

という意識の人が多い事が判明したし、それは事実だろう。

 

 ・・・

 

 

このように「私は儲かりました」という人が多数いることで

 

・私も儲かりたい

・とりあえず暗号通貨をやってみたいがどうすればいいのか?

・とりあえずICOに参加してみたい

・なぜ儲かったのか教えて欲しい

・どうすれば儲かるのか教えて欲しい

・どの暗号通貨を買えば儲かるのか教えて欲しい

 

そういう情報を求める人(しかも超ド素人)が多くなる。

 

 

 

そこで

Scamな商売している皆さま

水を得た魚のように

躍動し始める。

 

 

f:id:GodTanu:20170915012423j:plain

 

 

 

さすがにここまで酷い出版物が出る思わなかった。

実際に書店で販売されているらしい。

 

 

 

 

 こんなのまでキラキラ界隈に流れている。

 

完全にScammerのターン

 

 

・・・

 

 

今までを振り返るとスキャマーの皆さまにもトレンドがあった。

 

古典的なリップル系クソIOUブーム

FUT的1.0コピペ系シットコインブーム

ホスキン系 MLM代理店販売クソコインブーム

法外な日利を謳うHYIP詐欺MLMポンジスキームブーム

デビットカード&ハードウェアウォレットボッタくりMLM商材ブーム

MLM型ポンジクラウドマイニングブーム

MLMアビトラBotやAIトレード商材ブーム

 

そして2017下半期で一番HOTだと思われるのが

 

ICOクソコイン販売&紹介 および

仕手系相場操縦ブーム

 

だと思う。 

 

正直に言って

暇な時に極力Scamウォッチしてきたワシも見分けがつかない。

 

 

今までは10秒見ればわかる系のScam案件が多かった。

たとえば四つ葉やドラゴン泉、前科があるFUTCOINの残党系なんかは凄くわかりやすい。売るだけ売って中々上場しなかったり、そもそも作っていなかったり、作る場合も適当なトークンで済ませたり、実際作ってもクソだったり、と雑な手法が多かったが、

最近のScam系は巧妙化してきている

 

例えば、セミナーで『注目のICO案件!』と称して

そこそこ有名なICOをいくつか紹介しつつ、

こっそり自前のクソトークンを本命として紹介して売りつけようとする手法、など非常にわかりにくい

 

そもそもICOやってまともにやってるプロジェクトは極少数なので、いまだにScamなのかポエムなのかわからない、2年も3年も開発中と言ってるコインが大量にある。

そこの列に混ぜてきているので判断が難しい。

 

さらに、昔と違って現在はメインストリームにもシットが溢れているような状況。

クソコインも気軽に上場している。

※中国の規制はそういう意味ではGood Jobとしか言いようがない

 

上場していれば詐欺ではない、という昔の判定基準も、もはや通用しないだろう。

 

 

 

また、最近目につくのが

露骨な仕手

ご存知の通りALTなどの暗号通貨はまだまだ未成熟な市場だ。

しかも、その割には銘柄が多い。そこそこ知名度のある通貨でも薄い板になっていたりする。数百人、数千人扇動できれば一気にPumpできる。

 

常套手段として、彼らはLINE@などのグループを作り、そこで

何の根拠もない情報を流したりポジトークを繰り広げることで

参加者に特定銘柄を買わせる

 

 

「今○○が熱い これが買い」

「必ず高騰します」

 

と、先ほどの雑誌に書いてあるような内容を煽ることで、グループの参加メンバー(カモ)がその気になって購入し、クズコインの価格が高騰する。

 

Scammer達は

 

「ほら上がりましたね」

「私を信じて早く行動に移せた人は儲かりましね」

 

と自分の予想が当たったかのように振る舞いながら自分たちは売り抜けます。

 

こういう求心力を得た輩が煽った銘柄、

仮に高騰したならば「皆」が乗せられて買ったので上がった、という以外のなにものでもない

 

個人のグループで千人を超えるようなグループもザラにあるらしい 。

 

 

f:id:GodTanu:20170916020634j:plain

 

 

こういう輩は海外のリーク情報やPump&Dumpを繰り返すホエールたちの情報やインサイダー情報、そういうのを知ってるとかほざくが、実のところ一切知らないだろう。

オープンなコミュニティに顔出していれば結構わかるのだが、そもそもインサイダー情報ではなく「それっぽい好材料」だったりする。別に普通の話なのだが、話を盛りに盛って買い煽りしている。

 

仮に超インサイダー情報を知っていたとして、それを知っていたらわざわざ人に教えるだろうか?こっそり自分でやったほうが絶対に稼げる。 パチンコ雑誌に乗っている必勝法詐欺みたいなものだ。 

 

 ---------------------------

 

前置きは長くなりすぎたが、ここからが本題。

 

ワシの独断と偏見による、2017下期これからはこういうのにも気を付けようぜ

 

というのを書いておきます。

 

 

その1.変なICOに注意

今さらだけれども。

詐欺かどうかではなく、良く調べてみて、そのコインを1年ガチホできないようなコインに金をいれるのは回避推奨。ICOコイン買えばだれでも儲かった時代は終わったと発想を転換させたほうが無難。ポエムにも警戒。

 

 コレ

 

セミナーで購入をすすめられたり、集団で金を集めて高額プレセールに参加したりするのも大抵悪手。今後はポエムがドンドン淘汰されるはずなので、なるべくポエみの無いものを選ぶか、もしくはICO自体に参加しないことをお勧めしたい。他にいくらでも暗号通貨はある。

 特にICOの参加方法ばかり説明や記載があって肝心のプロダクトの内容が薄いものは9割詐欺だと思ってOK。

 もちろん、MLM系コインや代理店制度なんかは論外

  

 

 

その2.変なブロガーやアフィリエイターに注意

暗号通貨の日本語情報やろくに日本語のブログも無かった時代は終わり 、最近はガチアフィリエイターも参入してきて日本語情報が増えてきている。

 お!いいじゃん!というサイトから、本当にクソサイトまで多数ある。大物の参入も相次いでいる(軒並みシット)。とはいえ、笑えるブログも増えてきて個人的にはとても嬉しい。How toなんかもかなりありがたい。

 

しかし、気を付けたいのがどう考えてもシットなICOをやたら紹介しているアフィリエイターが湧いてきている。シットのコアメンバーみたいな体になっていたり、シットの広報担当みたいになっているケースもある。

なぜかSlackやテレグラムでの情報をアピールしたり、個人的にやり取りできるぜアピールをしているような輩もチョイチョイ見かける。

特に金の話ばかりしている輩プロジェクトを推しているのではなく地雷の類なので気を付けたほうがいい。

どの程度技術的な話をするかを見ていると良いと思う。

 

 

 

 

 

その3.変なICO専門家に注意

これは個人というより企業に忠告なのだが、近年ICOのアドバイザーや専門家をうたったScammerが増えている。某ホスキンソンコインを売りさばいていた代理店の元締めが現在ICOのアドバイザーを名乗って世界を飛び回っていると伝え聞く。

そもそも企業ならICOがどうこうよりもトークンの使い道をしっかり勉強したり検討してもらいたい。

 

 

 

 

 

その4.変なLINEグループ(テレグラム含む)に注意

SNSでDMで誘われるようなテレグラムやLINEグループは99%臭い。これは昔からの掟ともいうべき手法だ。最近では妙なコインを推すことも多いらしい。そして、かなりの確率でセミナーに招待される。

 

そもそも暗号通貨の世界ではDMでなければ公開できない情報など無い。

 

お得な情報を貴方だけに教えます、みたいな上から目線のヤツは必ずあなたのお金を獲りにくる。

 

それに、Twitter界隈の変態コイナーをフォローしておけば結構情報をキャッチアップしてくれるのでお勧め。ポジトークに富んだ内容であれば好材料も悪材料も色々提供してくれる。情報が欲しいなら、そいつに依存するべきではなく皆の意見を聞くような開かれたコミュニティが良いだろう。

情報を貰う、のではなく、共有できる場所

を選んだ方がいい。

 

 

 

 

その5.上場しているだけの暗号通貨に注意

 

繰り返しになるが、上場していようがなんだろうがクソはクソ。金を積めば上場できるような取引所も多い。

 

一時期某ホスキンソンコインが上場の噂が立った。

MLM代理店コインなんぞクソなのは明白なのだが、仮に上場しウォレットさえあれば金融商品として生きられることになる。

f:id:GodTanu:20170917011210j:plain

 

 

 

 

 

その6.勉強会、オフ会に注意

 

金を吸い取ることを目的とした糞セミナーは毎日のように行われているが、それらとは少し異なる暗号通貨系のミートアップ、いわゆるオフ会や、勉強会も最近では活発に繰り広げられている。技術的な内容だったり個人間のふれあい(慰め合い)の場であればそれは大いに結構な事だ。

 

ただし、地雷の会も存在する。

 

学生を中心とした勉強会が、実際は詐欺師が技術者を育成&洗脳しようとしているケースがある。

実際、某メタルスライム氏なんかも若い子にひたすら声をかけまくっている様子だ。若い子には汚い世界を知らない「綺麗な子」が多い。ヒヨコを捕まえてきて刷り込みをし、家畜にするつもりだろうか。

 

ブロックチェーンの勉強会」「暗号通貨勉強会」「ICO勉強会」「フィンテック勉強会」など、響きが良い勉強会が多数開かれているが注意したほうがいい。

・どういう人間たちが開催しているのか?

・どういう経歴があるのか?

そういうところまで調べてから参加する、

もしくは参加しても主催者に感化されないように心がけよう。何を学ぶかはあなた次第。特に学生は注意してもらいたい。

 

ブロックチェーンの勉強をしようとしたら、いつの間にかScam系企業でインターンしている恐れがある。

 

また、オフ会でも変なビジネスを売り込もうとする輩や意識高いだけの勘違い系、クソコインを推してくる外人やATMを設置させようとしてくる輩など沢山いる。

女子参加者で、勘違いした成金に付きまとわれたケースもあるらしい。

 

F2Fとはいえ、基本的にトラストレスの姿勢は崩さない事をお勧めしたい。

 

 ------------------

余談:

絶滅種Scam.1 HYIP

あれだけウザかったHYIP系の勧誘が嘘のように静まり返っている。ほとんど飛んだか消滅しているからであろう。

最近ではD9被害者が裁判を起こすなどとほざいているが、訴える側の上層部がそもそもScammer側なのでイミフ。HYIPのトレンドは収束したと思って良い。

儲かった人は一部いるだろうが、あれは単なる暗号通貨を使ったねずみ講なので二度と参加しないでもらいたい。

 

絶滅種Scam.2 露骨なScamコイン

年始に大石センセが書いたこの記事はScam判定の基本中の基本だ。

doublehash.me

 

 

この知恵袋も絶対に目を通すべき

note.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

 

ただ、通常の時の流れより3倍早い暗号通貨界隈である。詐欺師もこの手の露骨な詐欺コインはやめてICOトークンや他の稼ぎ方にシフトしている。

トークンの場合はウォレットの開発すらいらないので現状は更に詐欺の敷居がさがったように思える。

また、MLMではないモノも増えてきた

 

くれぐれも油断せぬよう

 

 ------------------ ------------------ ------------------ ------------------

 

 

という訳でグダグダ書いたが、基本的には

 

『誰も信頼するな』が暗号通貨界隈での最も正しい過ごし方。

この記事の内容すら信用しなくていいだろう。ワシを信用するな。

  

 

この記事で一番言いたかった事は

もう簡単にScamの見分けがつかない時代が来てる

という事につきる。MLM系なんかは解りやすくて逆に好きになりそうだ。

 

 

じゃあどうすりゃいいんだよ と思うかもしれないが、そこを乗り越えてこその暗号通貨クラスタ

 

とはいえ、やみくもに疑っても仕方ない所もある。

その辺りは割り切って考えたほうが効果的かもしれない。

 

 

~劇終~

 

 

 ------------------

 

 本ブログではモチベーション維持のための寄付を募集しています。

ビットコインを寄付してくださった方にはカウンターパーティートークンの「GODTANU」を差し上げていますが、正直クソ高いです。

使い道も今の所特にないので寄付はしない方が身のためですが、物好きな方がいらっしゃったら是非どうぞ。

 

Donate with IndieSquare

 

なお、手動確認なので、もし2.3日してもトークンが届かなかった場合はツイッターやらなにやらで

 

「『です・ます調』より『だ・である調』で記事に謎の説得力を付けようとするのはScamの常套手段だろwww はよ送れ」

 

とお伝えください。土下座して対応します。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコインへ にほんブログ村 その他生活ブログ オルトコインへ


仮想通貨ランキング